社会福祉法人 寿光会

       柏原地域密着型高齢者施設 太 寿(たいじゅ)  
                                                                     

        

 

       〜周りの人の幸せを願うところに自らの幸せもある〜

 

 

 

                      

             謹 賀 新 年

          入居者・利用者並びにご家族の皆様におかれ

      ましては、健やかに新春をむかえられたことと、

      心からお慶び申し上げます。

               

        また平素は、社会福祉法人寿光会各施設の運
        営に格別のご尽力を賜り厚く御礼申し上げます。
        法人内各施設で寿光園は41回目、太寿は8回目、
        楽寿は4回目のお正月を迎え、昨年3月に老朽化
        による新築移転が行われた柏原寿光園は、通算3
        8回目のお正月を高井田の新しい地で初めて迎え
        ました。各施設ともに大過なく新春を迎えること
        ができましたのも、ひとえに皆様方のご協力の
        賜物と重ねて御礼申し上げます。
        さて昨年を表す漢字は「災」とのことでしたが、
        まさに異常気象・自然災害の多い一年でした。特
        に、大きな災害は免れることが多かった大阪にお
        きましても、6月の大阪北部地震(震度6弱)や8月か
        ら9月にかけての大型台風20号・21号が、大変な
        被害をもたらしたことは、記憶に新しいところで
        す。そのような渦中にあって、明るい感動的な出
        来事もありました。
        報道等でも取り上げられた78才のボランティア、
        尾畠春夫さんです。全国各地の被災地を飛び回り、
        地道なボランティア活動を続けておられます。本
        当に頭の下がる思いです。尾畠さんは、信条とし
        て「かけた情けは水に流し、受けた恩は石に刻む」
        という言葉を大切にされているそうですが、まさ
        に究極のボランティア精神を表す言葉ではないで
        しょうか。改めてすごい人だと感心した次第です。
        寿光会の各施設では、幸いにも昨年の災害により
        大きな被害はありませんでしたが、転ばぬ先の杖
        で、防災対策・防災訓練に今まで以上にしっかり
        と取り組んでいく所存です。また「災いは忘れた
        頃にやって来る。」とも言いますので、これから
        年頭には常に決意を改め、防災とサービスの質を
        見直す機会にしていきたいと思います。
        入居者・利用者及びご家族様には、今後とも尚一層
        のご指導ご鞭撻をお願い申し上げますとともに、
        皆様のご多幸・ご健勝を祈念して、新年の挨拶と
        いたします。
           
                     平成三十一年元旦            
                    理事長  森田 浩稔

      

 

 

 

 

 

 

 

       


                                                                                                TOPへ戻る